Regulus64プロジェクトは外観検査に有効なオープンシステムを開発し、ノウハウを共有することで製造現場における外観検査の新しいスタンダードを提案します。

感性を持った外観検査 Regulus64

システム

Regulus64ソフトウェアは近い将来の「製造現場における検査のIT化」を見越したメカニズムを提案します。

Regulus64ソフトウェアは近い将来の「製造現場における検査のIT化」を見越したメカニズムを提案します。

GUI、アルゴリズムの分離

GUIシステム図

GUI、アルゴリズムは検査ソフトウェア本体から独立したプラグインとしてインストールされ実行されます。様々なGUI、アルゴリズムを使う検査で、独立して開発が進められるため、開発の簡便化、堅牢化が図れます。GUI、アルゴリズムだけをバージョンアップしたり追加することで簡単にシステムアップを図れます。

データベースの利用

データベースシステム図

SQLデータべース、XMLデータベースを利用しています。これによって、ユーザーサイトでのデータ加工、インターネットを通じたデータの共有化を図ることができます。

マルチコンピュータの利用

マルチコンピュターシステム図

同じソフトウェアで単一コンピュータとマルチコンピュータの両方に対応できます。

GUIデザインの簡素化

GUIデザイン図

ユーザごとに異なるニーズに応えられるように、簡単に画面デザインを作成・変更できる仕組みを持っています。

機械とのインターフェースの外部スクリプト化

機械とソフトウェアとを結びつける、スクリプトファイルの実行機能が備わっています。これによって簡単に様々な機械に対応させられます。

Qt利用によるマルチOS化

OSに独立したソフトウェアになっています。